めばえの森

2016年。


2016年。

私は、「助産師」になりました。



新しい「家族」ができました。





「島根県 江津市」に移住しました。



社会人になってから、決めてる事。

1年間で、何でも良いから、何か自分の中で大きな「勉強」をする。

「生涯学習」が私の生き甲斐。


2016年度、島根に来てからは、遠方と言う事もあり

大好きだった研修にもなかなか行けず

気付いたらもう10月。

やばい。


やりたいことはたくさんあるんやけどどうしよう。

ベビーマッサージとかヨガの資格も良いな。

とこちゃんベルトの資格も良いな。

最近マイブームが骨盤。

そんな中、骨盤に特化したヨガクラスの講師になれる研修が東京であるのをたまたま見つける。

大人気でキャンセル待ちに応募してたけど、なんとキャンセルが出て参加出来る事に。


参加申し込みした直後、ふと、突然彦根でのヨガ教室で参加した、

あやこ先生のバランスボールレッスンのことを思い出す。


あ、私、バランスボールやりたい。


でもでも、バランスボールインストラクターとるには、近くに指導者が必要。

あやこ先生は彦根。 ほかの先生方の主な拠点は名古屋や島根からははるか遠方。


無理やーと思ってたら、

広島でバランスボールインストラクター養成生受け入れをしている

さとこ先生のブログを見つける。


そっこーメール。笑


そっこー会う。笑

左:とっても気さくなさとこ先生。

右:同じくとっても気さくな養成生のとしこさん。


そんなこんなで、私は今

体力メンテナンス協会認定

バランスボールインストラクターになるために、勉強中です。


今までの点と点の知識が、

線になっていく。


私が「助産師」になろうと思ったのは、

根底に

「女性としての自分の身体を知りたい」

という想いがあります。


全然、何の自慢にもならないけど、

私は、自他ともに認める

「身体がたがた、ぼろぼろ」

不健康のかたまりです。

多分それは、持って産まれた 先天的な要素もある。

けれど、後天的なものもたくさんある。



からだの不調は、からだからのSOS。

そのサインをしっかり聞いてあげれる人になりたい。

そして、そのサインをできるだけ自分の力で解決していきたい。


それって簡単なようで難しい。

身体のメンテナンスは、「お金を払えば良い」ってものじゃない。

薬に頼ったり、時に整体やマッサージに行くのも良い。

けれど、それだけじゃ何の意味もない。


「自分で自分自身の身体をケアする」ことができないと、

いくらお金を払ってメンテナンスしても、意味がない。

一時的に良くしても、普段の生活でまた元通り。


身体は「日々の生活からできあがるもの」


それを痛感しています。

「身体のメンテナンスは日々の継続からなるものである」

私の一番苦手なことかもしれない。




「自分で自分自身の身体をケアできる人になる」


2017年度の目標。



そのツールとして、私は今バランスボールインストラクターの勉強をしています。

バランスボール、それがめっちゃ楽しいんよね。

特にみんなでするとめっちゃ楽しい!!


ヨガは1人で自分自身と向き合い、瞑想するのが楽しみやとしたら、

バランスボールはまったくその逆で、

音楽に合わせながらみんなでわいわい笑顔で弾む。


多分どんな風なんか想像つかんと思うやろうから、

今度動画でも載せよう。笑


そんなこんなでsatokkopark養成生として頑張っております(*^^*)


来年度からみんなでバランスボールやるのだー!




「めばえの森」


ひとつひとつの小さな「知識」を

大事に大事に育てていくと

いつか大きな森になる。


私のモットー「生涯学習」を

「めばえの森」として名付けます。

たくさんの「めばえ」を

生涯かけて生み出し、育てて行きたいと思います。

めばえの森

助産師の ゆるゆるIターンライフ 日々の暮らしを丁寧に

0コメント

  • 1000 / 1000